TSUYA∞POLICE

作・演出・俳優の岸本鮎佳による演劇ユニット。
「ああ、こんな女いる!」と誰もが思うような、日常に存在するキャラクターを作り上げ、
女性特有の視点から、思わずクスッと笑ってしまうような、分かりやすく、精度の高い物語作りに定評がある。

コンプレックスのフィルターを通し、気まずく、切なく、恥ずかしい、人とも距離感を、
何気ない会話からあぶり出すのが特徴。 ”女の喜劇”を演じる演劇ユニット。

最新情報

NUMA
BS松竹東急にて7月2日(土)
夜11時 放送スタート
岸本鮎佳 脚本
土曜ドラマ「悪女のすべて」

本作は昔の「昼ドラ」を連想させるような「愛欲・愛憎ドロドロ劇」を少し過剰なまでに入れ、「劇団ママたち」という新しさを取り入れ、古き良きポイントと新しい面白さを融合させた新感覚のドラマ。

土曜ドラマ「悪女のすべて」
2022年7月2日(土)夜11時 放送スタート(全13話/各話30分)
BS松竹東急(BS260ch/総合編成無料放送)
【出演】
足立梨花 小沢真珠
佐藤玲 小林きな子 桜一花 武藤十夢 入来茉里

omote_tonderu
前作「PARTY PEOPLE」以来、
3年ぶりの本公演
艶∞ポリス
第十一回公演
「飛んでる最高」

不器用だけど憎めない個性あふれる人々が、空港を舞台に繰り広げる群像喜劇。2017年に上演した「個性が強すぎるのかもしれない」を大幅にリメイク。

2022年4月13日(水)~4月24日(日)
下北沢 駅前劇場

出演
高野ゆらこ 渋江譲二 太田将熙
関絵里子 奥村佳代 山田瑞紀 岸本鮎佳
小林タカ鹿 今藤洋子

Youtube
Youtubeにて公開中
艶∞ポリス
実験公演2022
「コメディを作り上げる」

台本はありません。
たった5日間、役者と演出家で、「笑わせる」のではなく、「思わず笑ってしまう」ような、ごく自然な会話劇を作り上げ、演出によって引き出された一人一人の役者の個性が乗ったことで、どの作品も作品として唯一無二の輝きを放っています。
素舞台の劇場でカメラの画質にもこだわり、映像作品としても楽しんでいただけると思います。

5日間の私たちの実験的な試みを是非、楽しんでください。

KISHIMOTOAYUKA

岸本鮎佳

1984年3月22日生まれ。神奈川県出身。

16歳で事務所に所属するも、キャラクターが定まらず、持て余される。
26歳の時、自意識全開で、小劇場の舞台に立つ。ハマる。

客演先の舞台で井上晴賀と出会い、二人芝居企画に参加し、
初めての脚本・演出を経験し、意外と好評を得る。

2013年に演劇ユニット「艶∞ポリス」を旗揚げ。
以降、すべての作品で、脚本、演出、出演。

ほかにも、映画・テレビドラマ等への脚本提供や監督、
外部の舞台の企画、作・演出など幅広く活動する。

現在、GINGERweb にて
「私、幸せになるんで。はい、サヨウナラ」「サウナヴィッチ」連載中

BLUE LABEL 所属
Twitter @kishimotoayuka

外部活動

舞台<脚本・演出>
●舞台「あの子より、私。」(作・演出)
●舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」
 (演出)
●ナシュラン家 第3回公演
 「真面目に芝居もやってきたからよ…ネっ♡
  vol.3 〜秋ナスの事情〜」にて、
 「お前、絶対俺の事、好きでしょ」(脚本)
●サラヴァ東京が贈る軽演劇
 短編オムニバスの会 SHORT X SHOTO vol.1
 「嗚呼、わが町のファミリーレストラン」にて、
 岸本鮎佳×井上晴賀 二人芝居「女が二人」
 (作・演出)
●TABACCHI #5「ブロック」にて、
 「可愛すぎるアタシのアレ」(作・演出)
●第53回・ワニズホール@二人芝居
 岸本鮎佳×井上晴賀 二人芝居
 「地上に上がれない女たち」(作・演出)
ほか

舞台<出演>
●TWO MAN LIVE「永野と高城。」
●殿様ランチ 行春の公演2015「ねずみのよる」
●山口奈緒子企画公演「王さまの悲劇」
●smokers vol.10「スマイール」
●smokers vol.9「フェアリーノーツ」
●劇26.25団「バンザイ」
ほか

映画・テレビ・配信
●映画「たぶん」(脚本)
●テレビ大阪「ホメられたい僕の妄想ごはん」
 (第4話・第6話 脚本)
●「白村颯太に好かれたい by AudioMovie」
 (全4話脚本)
●TELASA オリジナル ドラマ「主夫メゾン」
 (全話脚本)
●Calmera 12thアルバム「誰そ彼レゾナンス」収録曲
 「上にいきたくないデパート」(MV監督)
●テレビ東京「だから私はメイクする」
 (第3話監督)
●関西テレビ放送「エ・キ・ス・ト・ラ!!!」
 (企画・脚本)
●読売テレビ、TSUTAYAプレミアム ほか
 「LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~」
 (脚本)
●テレビ朝日「私のおじさん~WATAOJI~」
 (脚本)
●関西テレビ「健康で文化的な最低限度の生活」
 (第5話・第6話・第8話 脚本)
●dTV×FOD「Love or Not」(脚本)
ほか

WEB・雑誌・ラジオ
●GINGERweb 連載
 「私、幸せになるんで。はい、サヨウナラ」
 「サウナヴィッチ」
●GINGERweb 掲載
 「劇作家 岸本鮎佳が語る最新作「この舞台で
 伝えたいのは、“人生で一番大切”な存在」」
●Humming 掲載
 「劇作家 岸本鮎佳さんの、創作の源とは?
 【気になるあの人に10の質問】」
●雑誌「Dance SQUARE」11/27発売号
 基俊介さんとの対談記事掲載
●雑誌「GINGER」 1月号
 特集「SEXYの新解釈」コメント掲載
●文化放送「上地由真のワンダーユーマン」
 2021.10/25 ゲスト出演

お問い合わせ

info@tsuyapolice.netより返信いたしますので、受信許可設定をお願いいたします。
なお、返信には数日を要する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

© Copyright 2022 TSUYA∞POLICE - All Rights Reserved

Built with Mobirise ‌

Free Web Page Maker